コラム#3 日本語もわが子の母語にしたいと決めたなら…

こんにちは。

韓国でこどもさんへの(継承)日本語に携わっている方へのサポートをさせていただきます、花咲くこども日本語クラブ@韓国です。

毎週月曜日と木曜日を定期更新日にして、ホームページの利用方法やこどもの継承日本語教育に関するコラムなどを書いています。

前回のコラム→ コラム#2 母国語と母語って何が違うの?


前回のコラムでは母語を2つもつことは不可能ではない、ただし多くの困難が有るというお話をしました。

どんな困難が想定されるでしょうか。一緒に考えていきましょう。

 

みなさんは韓国で育児をされていて、日本より圧倒的に”街行く知らない人から話しかけられる”という経験をしていると思います。

靴下を履かせていなかったら通りすがりのハルモニに”アイゴー、チュウォー(まー、寒いねー)”

ゆびしゃぶりをする子どもを見た通りすがりのハラボジが”チュッチュ クマネー(チュパチュパするのやめなさい”

 

ほっといてください!って感じですよね。

(もちろん親切心老婆心なのは分かりますが)

 

韓国人の多くはこの”ほうっておく”ということができません。

親しい人であればあるほどなおさらです。

義家族がありとあらゆることに口出ししてくるのはこの”ほうっておくこと”ができないからだと思われます。それが韓国の親切なんですよね。

なので、もしあなたが韓国で育児をしながら日本語も子どもの母語にしようとすると、この韓国人的親切に太刀打ちする強い心が必要になります。

 

”オンマが日本語で話しかけたら韓国語が遅れるんじゃないのか。”

”日本語で話しかけるな。”

”日本語なんて覚えてどうする。やるなら英語にしろ。”

いろんなことを言われると思います。

でもあなたが”日本語もこの子の母語にするんだ!”と決めたら回りの声に負けずに頑張ってください。

日本語話者であるお母さんはお子さんに話すときは日本語だけで話してあげましょう。

(お母さんが日本語も韓国語も使うと子どもさんは混乱します。)

 

韓国で生活していくなら韓国語母語話者は、韓国人の家族、親戚、町の人たち等周りにたくさんいます。

オリニチプや幼稚園に通うようになったら先生やクラスメイトもいますね。

いくらでも韓国語母語話者の韓国語に接する機会はあるのです。

それに比べて日本語母語話者の日本語に接する機会はどうでしょうか。圧倒的に少ないですよね。

日本語を母語にしようと決めたら、是非日本語でたくさん話しかけてあげてください。

 

それでも(特にシブモから?)しつこく日本語を使うなと言われたら、

”多文化センターでも外国人のお母さんが母語で話しかけることが奨励されています。お母さんの未熟な韓国語で子どもを育てるより、母語でのびのびと雄弁に子育てをすることが良いとことだと多文化センター、つまり国から指導されているんです!”と言ってみてもいいと思います。

あと”この子が成長したら’お母さんが日本人なんだったら当然日本語もしゃべれるんでしょう?’という目で見られます。そのときに悔しい恥ずかしい思いをさせたくないので、私は日本語で話します”と言ってもいいかもしれません。

 

多分何度も心が折れそうになると思います。

”日本語もこの子の母語にするんだ”という思いが続く限り、頑張ってください。

花咲く日本語クラブ@韓国には同じ思いのお母さん方がたくさん集まってこられると思いますので、是非思いや悩みも共有しましょう。

次回(来週月曜日)は、僭越ながら私の日韓バイリンガル子育て体験をつづりたいと思います。

よい週末をお迎えください。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です