コラム#4 我が家の長男(満3才)の韓国語と日本語について

こんにちは。

韓国でこどもさんへの(継承)日本語に携わっている方へのサポートをさせていただきます、花咲くこども日本語クラブ@韓国です。

毎週月曜日と木曜日を定期更新日にして、ホームページの利用方法やこどもの継承日本語教育に関するコラムなどを書いていきます。

前回の投稿はこちら→ コラム#3 日本語もわが子の母語にしたいと決めたなら…


前回は、日本語も子どもの母語にしたいのなら、周囲のプレッシャーに負けずに一貫して日本語でお子さんに話しかけましょう、というお話をしました。

これまで3回のコラムのの締めとして僭越ながら私のケースをお話したいと思います。

結果から申しますと、私は周囲のプレッシャーに負けました。でも、今必死に途中修正をかけているところです。

 

我が家は夫と2015年生まれの長男と2017年生まれの次男と私の4人家族です。

夫は日本語ができますが、私が日本語で子育てをすることには”韓国語が遅れるのでは?”と否定的です。

2017年生まれの次男はまだあまりしゃべりませんので、2015年10月生まれの長男の話をしたいと思います。

長男が生まれたとき、私は義両親と同居していました。

義父は仕事の関係で簡単な日本語は分かりました。義母は少しひらがなが読める程度です。

私が韓国語が充分にできたこともあり、子どもに日本語で話しかけることは歓迎されませんでした。

幼い頃から日本語も韓国語も聞いていたら混乱して韓国語が遅れるのでは?というのが理由でした。

我が家は日本へ移住する予定がないので、子どもたちは韓国の一般的なオリニチプ、幼稚園、学校へ通うことは確定的です。

そのため韓国語が遅れることが問題だという意識はもちろん私の中にありましたが、妊娠中からバイリンガル教育に関する内容をネットや本で学んでいたので、幼い頃から2言語(一親一言語が理想的)で話しかけるのは正しい方法であり、日本語も韓国語も母語にするのは可能であるという自信がありました。

ただ、その自信をもってしても夫や義両親を説得するのは容易ではなく、寝かしつけのときに日本語の絵本を読んでいたら”日本語の本を読むな”と言われたこともありました。

 

悩んだ結果、義両親の前では日本語を封印しました。

 

子どもに対してのびのびと母語で話しかけられないことはストレスでしたが、それ以上に

私が我を通すことで家庭の雰囲気が悪くなることが嫌でした。

 

その分、義両親がいないときを狙っては日本語で話しかけ、NHKの子ども番組やしまじろうのDVDを見せたりしていました。

わが子と日本語でコミュニケーションがとれないなんて嫌だ!と必死でした。

 

バイリンガル家庭では一親一言語であることが良い環境とされています。

日本人のお母さんは日本語オンリーで、韓国人のお父さんは韓国語オンリーで、ということですね。

 

ただ、私は上の事情によりこの一親一言語ができませんでした。

(義両親がいるときは韓国語、夫と子どもだけのときは日本語)

苦渋の選択でしたが、後になってあの時諦めなくてよかったと思える日がきました。

 

 

長男が2歳半になったとき、義両親との同居を解消し、核家族で生活し始めました。

新居は義両親の家から徒歩3分(笑) 週に2度くらいはどちらかの家晩御飯を食べるくらい頻繁に行き来があります。

 

この引越しを機に、長男の日本語での発話がぐっと増えました。

長男は言葉が出るのが遅く、2才までは言える単語も少し、2歳半でも韓国語で2語文をしゃべれるかどうかというレベルだったのですが、2歳半を過ぎたあたりから韓国語では文章で流暢にしゃべれるようになり、日本語も文章でしゃべれるようになりました。

引っ越してから一親一言語の環境を作ってあげられたことと無関係ではないと思いますが、同居時代に必死になりながらも日本語インプットを続けていたことが大きかったと思っています。

長男は先日満3才になりました。これからますます話すことが楽しくなる時期だと思いますので、日本語でも言いたいことを充分に表現できるように日々日本語のエッセンスを注ぎ、インプットを増やしていきたいと思っています。

 

色々な理由でお子さんに充分に日本語を教えられないと悩んでいらっしゃるお母さん。

”この子と日本語でコミュニケーションをとりたい!”という思いを大切に、毎日少しずつでもいいので日本語エッセンスを注いであげてください。

その日本語能力が開くのが数ヵ月後か数年後か、それとも高校生大学生になってからかもしれませんが、お母さんの愛情と情熱はきっと実を結ぶはずです。

とはいえそれはとても孤独な戦いです。

花咲くこども日本語クラブ@韓国ではこれからも子どもの日本語教育に関するフラストレーションを発散できる仲間や先生とみなさんとが出会えるようコンテンツを充実させて生きたいと思っています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

次回(今週木曜日)からは韓国でこども日本語教室を運営するにあたってのシミュレーションをみなさんと一緒にしていきたいと思います。お楽しみに^^

 

コラム#3 日本語もわが子の母語にしたいと決めたなら…

こんにちは。

韓国でこどもさんへの(継承)日本語に携わっている方へのサポートをさせていただきます、花咲くこども日本語クラブ@韓国です。

毎週月曜日と木曜日を定期更新日にして、ホームページの利用方法やこどもの継承日本語教育に関するコラムなどを書いています。

前回のコラム→ コラム#2 母国語と母語って何が違うの?


前回のコラムでは母語を2つもつことは不可能ではない、ただし多くの困難が有るというお話をしました。

どんな困難が想定されるでしょうか。一緒に考えていきましょう。

 

みなさんは韓国で育児をされていて、日本より圧倒的に”街行く知らない人から話しかけられる”という経験をしていると思います。

靴下を履かせていなかったら通りすがりのハルモニに”アイゴー、チュウォー(まー、寒いねー)”

ゆびしゃぶりをする子どもを見た通りすがりのハラボジが”チュッチュ クマネー(チュパチュパするのやめなさい”

 

ほっといてください!って感じですよね。

(もちろん親切心老婆心なのは分かりますが)

 

韓国人の多くはこの”ほうっておく”ということができません。

親しい人であればあるほどなおさらです。

義家族がありとあらゆることに口出ししてくるのはこの”ほうっておくこと”ができないからだと思われます。それが韓国の親切なんですよね。

なので、もしあなたが韓国で育児をしながら日本語も子どもの母語にしようとすると、この韓国人的親切に太刀打ちする強い心が必要になります。

 

”オンマが日本語で話しかけたら韓国語が遅れるんじゃないのか。”

”日本語で話しかけるな。”

”日本語なんて覚えてどうする。やるなら英語にしろ。”

いろんなことを言われると思います。

でもあなたが”日本語もこの子の母語にするんだ!”と決めたら回りの声に負けずに頑張ってください。

日本語話者であるお母さんはお子さんに話すときは日本語だけで話してあげましょう。

(お母さんが日本語も韓国語も使うと子どもさんは混乱します。)

 

韓国で生活していくなら韓国語母語話者は、韓国人の家族、親戚、町の人たち等周りにたくさんいます。

オリニチプや幼稚園に通うようになったら先生やクラスメイトもいますね。

いくらでも韓国語母語話者の韓国語に接する機会はあるのです。

それに比べて日本語母語話者の日本語に接する機会はどうでしょうか。圧倒的に少ないですよね。

日本語を母語にしようと決めたら、是非日本語でたくさん話しかけてあげてください。

 

それでも(特にシブモから?)しつこく日本語を使うなと言われたら、

”多文化センターでも外国人のお母さんが母語で話しかけることが奨励されています。お母さんの未熟な韓国語で子どもを育てるより、母語でのびのびと雄弁に子育てをすることが良いとことだと多文化センター、つまり国から指導されているんです!”と言ってみてもいいと思います。

あと”この子が成長したら’お母さんが日本人なんだったら当然日本語もしゃべれるんでしょう?’という目で見られます。そのときに悔しい恥ずかしい思いをさせたくないので、私は日本語で話します”と言ってもいいかもしれません。

 

多分何度も心が折れそうになると思います。

”日本語もこの子の母語にするんだ”という思いが続く限り、頑張ってください。

花咲く日本語クラブ@韓国には同じ思いのお母さん方がたくさん集まってこられると思いますので、是非思いや悩みも共有しましょう。

次回(来週月曜日)は、僭越ながら私の日韓バイリンガル子育て体験をつづりたいと思います。

よい週末をお迎えください。

 

署名のお願い

コラム掲載の途中ですが、緊急のお知らせがあり、今日はその投稿をさせていただきます。

署名のお願いです。締め切りは明日24日までですのであまり時間がありませんが、多くの方にご協力いただければ幸いです。

——————-

現在日本の国会で日本語教育推進基本法(仮称)について話し合うための準備がされています。

それにあたって日本語教育に関する情報交流の広場”日本語ぷらっと”名義で全米日本語教育学会のメンバーら11人(韓国在住の先生も含まれています)が日本語議連の中川正春会長代行と馳浩事務局長に要請文を提出されました。

要請文の詳細は下のリンクからご覧ください↓

http://www.nihongoplat.org/2018/07/19/

あさって24日から召集される秋の臨時国会で日本語教育推進基本法(仮称)も話にほぼるものと思われ、それに間に合うように現在世界中の日本語指導教師が立ち上がり、オンライン上への署名活動を行っています。

日本語教育推進基本法(仮称)では、日本国内に住む日本語教育を必要とするひとたちや在留邦人への支援については言及されていますが、(たとえば国際結婚などで)海外に滞在している日本にルーツがある子どもたちへの日本語教育については言及が不十分です。

そこでその部分(この法案の支援対象に海外における継承日本語教育を盛り込んでほしいということ)をより強くアピールすべく、署名活動を行っています。

署名フォームへのアクセスは次の通りですので。

主旨をご一読の上、ご賛同いただける方はどうぞ奮ってご記名下さい。

https://sites.google.com/site/keishougo/kihonhoan

 

 

 

コラム#2 母国語と母語って何が違うの?

こんにちは。

韓国でこどもさんへの(継承)日本語に携わっている方へのサポートをさせていただきます、花咲くこども日本語クラブ@韓国です。

これから毎週月曜日と木曜日を定期更新日にして、ホームページの利用方法やこどもの継承日本語教育に関するコラムなどを書いていきたいと思います。

前回の投稿はこちら→ コラム#1 ハーフだったら両言語できなきゃいけないの?

前々回の投稿はこちら→花咲くこども日本語クラブ ホームページの使い方 その2


昨日はウェンツ瑛士くんを例に挙げて、バイリンガルだからといって両親の言語をどちらもしゃべれるようにならなければいけないわけではない。

大切なのは母語がしっかりしていることだという事を書かせていただきました。

そもそも母語ってなんでしょう?

・人が生まれて最初に習い覚えた言語。(goo国語辞書より)

・最初に身につけた言語.(三省堂ウェブディクショナリーより)

・人間が幼少期から自然に習得する言語。(wikipedia母語より)

辞書により表現は異なりますが、人生の最も早い段階で身につけた言語といってよさそうです。

ちなみに私は父も母も日本人、15歳まで海外旅行にすら行ったことなく、中学生になるまで英語の勉強を始めることなく育ちました。

なので、私の母語は日本語です。

先述のウェンツくんの場合はどうでしょうか。

彼も母語は日本語と言えるでしょう。

 

時折、母語と母国語が混同されて語られることがあります。

母語国とは漢字そのまま母国(自分が有している国籍の)の言語です。

私は両親とも日本人で日本で生まれましたので、母国語も日本語です。

ウェンツくんの場合はどうなんでしょうね?日本とアメリカの二重国籍だとしたら、彼の母国語は日本語と英語ということになるでしょう。

つまり二重国籍者であれば母国語はひとつとは限りません。

そして、母語もひとつとは限りません。

 

たとえば…

日本人の父とスイス人の母(ドイツ語話者)の間に生まれ

ドイツ語を主に使用するスイスの町で育った少女。

両親はお互いの言葉が充分にできないので英語で話しますが、

少女は父には日本語で母にはドイツ語で話しました。

学校ではドイツ語で学び、週末には日本語の補習校へ通いました。

成人した今ではドイツ語、日本語、英語の原書が読めるそうです。

彼女にとってはきっと日本語もドイツ語も母語なのでしょうね。

 

…本当にこんな優秀な人いるの?架空の話じゃないの?と疑われるかもしれませんが、出典はこちら  http://www.asahi.com/msta/articles/ASGBN3WFCGBNULBJ00B.html

タレントの春香クリスティーンさんのことでした。

 

国際結婚をされ韓国で子育てをされていみなさんのお子さんも

日本語と韓国語2つともを母語にすることはもちろん可能です。

けれどその道はたやすくはありません。

2つの言葉を母語にするにあたってどんな困難が待ち受けているのでしょうか。

次回(来週月曜日)はそのことについて考えていきましょう。

よい週末をお過ごしください。

コラム#1 ハーフなら両言語できなきゃいけないの? 

こんにちは。

韓国でこどもさんへの(継承)日本語に携わっている方へのサポートをさせていただきます、花咲くこども日本語クラブ@韓国です。

これから毎週月曜日と木曜日を定期更新日にして、ホームページの利用方法やこどもの継承日本語教育に関するコラムなどを書いていきたいと思います。

前回の投稿はこちら→花咲くこども日本語クラブ ホームページの使い方 その2

前々回の投稿はこちら→花咲くこども日本語クラブ ホームページの使い方 その1


私自身ソウルで日韓ハーフの男の子2人を育てている母でもあります。

妊娠してから在韓日本人ママさんたちと知り合う機会が増え、みなさんが日韓ハーフであるわが子の日本語教育に気をもんでいることを知りました。

そのときは”え?おかあさんが日本人だったら、ハーフでも自然と日本語がしゃべれるようになるんじゃないの?”と思っていました。

私と同じように疑問を持つ方も多くいらっしゃると思います。

出産し、子育てを始めてみて始めて分かりました。

 

単刀直入に申します。  こりゃたいへんだ!家庭での方針をしっかり定めなきゃ!

 

ひとつ例をあげます。

日本で有名なハーフタレント、ウエンツ 瑛士くんは”日米ハーフだけど英語しゃべれない”と聞いたことがあります。

びっくりされる方もいるかもしれません。

”え、ハーフって皆が皆、父親の国の言葉も母親の国の言葉もしゃべれるんじゃないの!?”と。

彼がハーフでありながら、英語がしゃべれない(そりゃ、ある程度はできるかもしれませんよ。芸能人のウリのひとつとして言ってるのかもしれませんよ。でも、流暢ではないということなんでしょう、おそらく。)のには理由がありました。

それは(以下出典はウエンツ 瑛士wikipediaより)

ウェンツくんはお母さんが日本人でお父さんがアメリカ人、日本生まれの日本育ちです。両親の教育方針として、日本語を完璧に習得させることに重きが置かれたため、家庭内では英語を用いませんでした。

 

私がここでもっとも注目したいのは”両親の教育方針”という言葉です。

片親は日本人、これから日本で育つ。

日本で学校へ行き、日本で働く未来をご両親は描いていたのでしょう。

だから家庭内では英語を用いなかった。

しっかりしたビジョンをお持ちのすばらしいご両親だと思います。

 

ここでこんなことを言うと、花咲くこども日本語クラブ@韓国の存在意味自体を否定することになるのでは?と思われるかもしれませんが、

ハーフだからといってどちらの言語もできなければいけないわけではないんです。

どちらの言語も充分に操れるバイリンガルもいるかもしれませんが、セミリンガルやダブルリミテッドといったどちらの言語も不十分であるバイリンガルの人もいます。

他人から見ると充分バイリンガルに見えても、自分は言語的にどっちつかずだと悩んでしまう人もいます。

言語能力に自信が持てないので、ひいては自己肯定感の低さやアイデンティティの不安定さにつながる可能性もあるんです。

大事なことなのでもう一度言います。

ハーフだからといってどちらの言語もできなければいけない、そんなことはないんです。

 

例の話に戻りますが、ウェンツくんはテレビ番組の出演者として、またMCとしてもとても人気がありますね。

それはおそらく彼の中に日本語という母語がしっかり存在しているからなんだと思います。

日本語のイントネーションや語彙だけでなく、日本語ならではの言い回しや日本語を話す人たち同士だからこそ通じる間(ま)や喜怒哀楽のポイントを彼は体得して熟知しているんです。

だからこそテレビ関係者からもお茶の間からも支持が厚いんでしょうね。

 

ハーフである以上、バイリンガルであることは理想です。

でも、それ以上に母語がしっかりしていることが大事なのではないでしょうか。

 

ところで、さっきから”母語”という言葉が出てきていますよね。

母語って…何?

次の投稿(今週木曜日)では母語と、母語はひとつとは限らないということについてお話してみたいと思います。

お楽しみに!

※最近はハーフをダブルと称する流れについては心得ておりますが、ここではハーフと表記しています。ご理解ください。

花咲くこども日本語クラブ ホームページの使い方 その2

こんにちは。

韓国でこどもさんへの(継承)日本語に携わっている方へのサポートをさせていただきます、花咲くこども日本語クラブ@韓国です。

これから毎週月曜日と木曜日を定期更新日にして、ホームページの利用方法やこどもの継承日本語教育に関するコラムなどを書いていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

前回は 一緒に学ぶ仲間を探す  の使い方をみていきました。

今日は 近所の先生を探す の見方をご案内します。

PCの方は

トップページの 近所の先生を探す から、

スマホの方は

トップページのメニューをクリック、 近所の先生を探す から見ていただけます。

 

クリックすると地図のページがご覧いただけると思います。

青いピンが立っているところが、花咲くこども日本語クラブ@韓国に登録済みの先生がいる場所です。(自宅の住所ではなく最寄りの住民センターの住所を登録しています。)

ピンをクリックすると

それぞれの先生の情報が見られます。

元の画面に戻りたいときはピンのタイトルの横の←矢印(上の画面キャプチャーでは青丸で囲んだところ)をクリックすると全体地図に戻れます。

ここに記載されている先生にこども日本語教室の講師を依頼されたい場合は、花咲くこども日本語クラブ@韓国 hanasaku.koreaアットマークgmail.comまでご連絡ください。

 

現在登録済みの先生は2名です。

新しく登録してくださる先生を募集中です!!!

 

資格がなくても、母語が日本語であれば登録可能です。

詳しくは 先生として登録する をご確認ください。

PCでご覧の方はこちら

スマホでご覧の方はこちらを

クリックすると当該ページに移動できます。

ご質問、お問い合わせがありましたら、花咲くこども日本語クラブ@韓国代表メールアドレス(hanasaku.koreaアットマークgmail.com)までご連絡お待ちしております。

——————————————————–

私事ながら明日は子どものオリニチプの運動会に参加してきます。日ごろの運動不足がたたりそうで心配です。

もうすぐ満3才のわが子(日韓ハーフ)の日本語レベルなどについてもまた追ってお話させていただければと思います。

今後とも花咲くこども日本語クラブ@韓国をよろしくお願いいたします。

よい週末をお過ごしくださいませ。

 

花咲くこども日本語クラブ ホームページの使い方 その1

こんにちは。

韓国でこどもさんへの(継承)日本語に携わっている方へのサポートをさせていただきます、花咲くこども日本語クラブ@韓国です。

これから毎週月曜日と木曜日を定期更新日にして、ホームページの利用方法やこどもの継承日本語教育に関するコラムなどを書いていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

 

今日は、花咲くこども日本語クラブ@韓国のメインコンテンツ、

、”一緒に学ぶ仲間を探す”オンライン掲示板の使い方についてご説明いたします。

 

一緒に学ぶ仲間を探す”オンライン掲示板は、

・新しくこども日本語教室を興される場合のメンバー募集 や

・既存のこども日本語教室で新規メンバー募集 をしたいときにご利用いただけます。

 

PCでご覧の方は

トップページの 一緒に学ぶ仲間を探す から、

スマホでご覧の方は

トップページのメニューをクリック、その下に出てくる 一緒に学ぶ仲間を探す から見ていただけます。

2018年10月8日現在、掲載されているのは

こちらの1件です。

タイトル(この投稿では ソウル市ソンドン区 4~6才)クリックすると詳細が見られます。

この投稿への問い合わせをしたい場合は、赤枠で囲った部分にお名前、メールアドレス(非公開)、お問い合わせ内容をご記入になり、投稿者からのお返事をお待ちください。

 

 

ご自身で新しい募集トピックをたてたい場合は、

一緒に学ぶ仲間を探すのページの下の部分(下の赤枠部分)にご記入ください。

赤枠部分を拡大します。

トピックタイトルは 教室の場所や対象年齢をお書きになることをオススメいたします。

トピックの内容には、場所や対象年齢をもう一度お書きいただくほか、教室をする日時(曜日、時間、頻度)や費用の有無、投稿者の連絡先(連絡先を記載したくない場合は、花咲くこども日本語クラブ@韓国が窓口になりますので、hanasaku.koreaアットマークgmail.com あてにメールをお送りください。)の記載もお願いいたします。

トピックの種類、トピックの状態はノータッチでお願いいたします。

<□今後の返信をメールで通知>のボックスにチェックをいれておかれることもおすすめいたします。

 

お分かりになりにくい点、お問い合わせがありましたら、hanasaku.koreaアットーマークgmail.comまでご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

 

次回の更新(今週木曜日)では、”近所の先生を探す”の見方をご案内します!

お楽しみに!

花咲くこども日本語クラブ@韓国 ホームページがオープンしました!

はじめまして。こんにちは。

花咲くこども日本語クラブ@韓国です。

私たちの日本語クラブはどこかに教室があるわけではありません。

実は韓国国内様々な場所で自主的に日韓ハーフの子供向けの日本語教室を開催してらっしゃるお母さん方がたくさんいらっしゃいます。

しかし同時に

 

”一緒に勉強していく仲間が集まらなくて…”、

”子どもにどうやって日本語を教えたらいいのか分からない”

 

と悩みを抱えている方もたくさんいらっしゃいます。

 

花咲くこども日本語クラブ@韓国はそんな悩みつつも熱意を持ってお子さんの日本語教育を頑張る親御さんのサポートをしていきます。

 

・日本語学習グループ作りのお手伝い

・日本語を教えてくれる先生の派遣とコーディネート

 

この2つが花咲くこども日本語クラブ@韓国の2大事業です。

 

ホームページの見方、使い方を今後も定期的に更新してお知らせしていきます。

ぜひこのホームページを通して熱意ある仲間とすてきな先生に出会ってください。

 

連絡先:花咲くこども日本語クラブ@韓国

イーメール:hanasaku.koreaアットマークgmail.com(送信されるときはアットマークを@に変換してお送りください。)